RPG(PS4)

【エルデンリング】〖プレイ感想・評価〗フロムソフトウェア史上最高傑作

あんそる

エルデンリングをプレイしようか迷っている人へ
「死にゲーをプレイしてみたいが面白いのだろうか?」
「発売前から評価が高いが本当だろうか?」

こんな風に思っていませんか?
エルデンリングに関する疑問に出来る限りお答えします

【エルデンリング】ゲーム内容

「ダークソウル」シリーズや「ブラッドボーン」「隻狼」を開発したフロムソフトウェアから発売された完全新規のオープンワールドアクションRPGゲームです。

発売前より全世界からの評価が高い「死にゲー」のゲームタイトルです。

今までの「死にゲー」の集大成と言ってもいいほどの素晴らしい作品です。プレイヤーが熱望する全ての要素を取り入れたタイトルです。

ジャンルRPG
開発元フロムソフトウェア
販売元フロムソフトウェア・バンダイナムコエンターテイメント
発売日              2022年2月25日
メーカー希望小売価格  9.240円+税
対応機種PlayStation 4/PlayStation 5/Microsoft Windows/Xbox One/Xbox Series X/S/Nintendo Switch

【エルデンリング】感想・評価

めちゃめちゃ面白いです。

「ダークソウル」シリーズを基本として、全てのアクションRPGゲームの面白い要素を取り入れた完全版です。

「死にゲー」初のオープンワールドであり、プレイヤーごとに進むべき道が違うので自分だけのストーリーを楽しむことができます。

オープンワールドならではの探索の自由度が無限大であり、探索の緊張感がさらに増しています。

「死にゲー」と「オープンワールド」が融合したことにより今までにないエンターテイメント作品となっています。


またアクション性も高くなり、しゃがみ歩きによる隠密やジャンプ、騎乗移動などが追加されて攻略性の幅が広がりました。

全てにおいてアクションRPGゲームの最高傑作です。

【評価点】

進化したダークファンタジーの世界観

「ダークソウル」シリーズの世界観を継承しつつ、RPGゲームの王道であり誰もが一度は憧れる美しすぎる城や複雑な街並み、現実味を帯びた素晴らしいフィールドの世界がここにはあります。

強大な敵やおぞましいモンスター、様々な建造物や個性豊かなNPCたち、そしてどこまでも続く素晴らしい世界です。

作り込まれたダークファンタジーの世界感を「オープンワールド」で思う存分楽しむことができます。


今までの「ダークソウル」シリーズでもマップ同士が繋がっていましたが、今作は完全オープンワールドなので全てのマップが繋がっています。

「ダークソウル」シリーズは基本的には一本道であったので、正面から突破する必要があったのですが、今作では攻略するルートを自分で決めることができるので自由度が高いです。

例えば高低差の優位性を持つ地形を活用するためにどういうルートで進めばいいのか考えるのが楽しくて仕方ありません。

そして敵の集団がいる部落の裏手から隠密で潜入し、確保撃破していく過程は快感です。


また今作の物語は断片的に語られる構成になっています。神話から生まれた重厚な物語を、世界を探索することにより徐々に体験することができます。

物語には様々なNPCたちの登場人物が深く関わっており、訪れた地域のNPCたちと交流することにより物語は進んでいきます。

裏切りや友情、共闘など登場人物との思惑が交錯する世界が広大なマップに散りばめられています。


今までの死にゲーはストーリーは良く分からないことが多かったのですが、今作は徐々に物語が進行して理解できるので面白さが倍増です。

そして今作は重要なNPCが多く存在しており、ストーリーをより濃厚なものにしています。

戦略性の高い戦闘

今作の戦闘は戦略的に考えて行動することができる要素が多く存在します。要するにやれることがたくさんあるので戦闘が楽し過ぎます。


戦闘スタイルが豊富なだけでなく、戦闘のアプローチの方法もたくさんあります。

例えば今作から導入された「隠密」により、敵に察知されないように静かに移動することも可能です。

察知されていない状態での攻撃は一撃必殺となり大ダメージを与えることができます。

正面からの突破だけではなく、ありとあらゆる手段が可能なので考えるのが楽しくなります。


また今作にも「戦技」が採用されていますが、この仕組みが史上最高と言ってもいいほどの仕様です。

以前の「ダークソウル3」で戦技が採用されましたが、武器ごとに使用できる必殺技という認識でした。

この武器が使いたいのですが、戦技はこっちの武器の方が良いということも多々あり悩ましいところでした。


しかし今作ではこの「戦技」はどの武器にも付けることができます。自分の使いたい武器に自分の使いたい「戦技」を組み合わせることができるのです。

プレイヤーの理想が現実になった素晴らしい仕組みです。最高の武器で最高の戦技と共に自由な冒険が可能となりました。


同時に武器の属性も変更が可能です。中盤以降であるアイテムを手に入れることで属性を自由に変更することができます。

戦闘が楽しくなるだけでなく、敵に応じて戦技を変更したり、属性を変更することが可能となり戦略性が大幅に向上しています。


今までの「死にゲー」は倒せない強大な敵を倒すには、レベルアップや武器のカスタマイズという方法しかありませんでした。

しかし今作ではあらゆる方法や対策が可能であり、選択肢が増えたことにより考えることが楽しくなりました。

自由度の高い探索

オープンワールドなので探索の自由度は素晴らしいものがあります。

どこへでもどんなルートでも自分の好きな場所に進むことができます。本当の冒険がここにあります。

そしてどこへ行っても現実世界と見違えるほどの美しく綺麗なグラフィックの世界が広がっていて歩いているだけで心が安らぎます。


今作では操作でジャンプ機能が加わったことにより高低差がある場所に登れるようになりました。

高低差を利用した戦闘に活用することができるので戦闘の攻略や探索の幅が広がっています。


そして「霊馬」の導入により機動力が改善されて、スピーディーな冒険が可能となりました。

険しい崖を駆け下りたり、二段階ジャンプにより飛び越えられる場所を探索できます。

オープンワールドとなり広大なマップや複雑なダンジョンが多くなりましたが、「霊馬」により快適に探索や冒険が可能となりました。


また地域ごとに「地図」を手に入れることによって、詳細なマップを表示できるようになります。

「地図」を手に入れないとマップに表示されないので、探索が未知との遭遇の連続となり心が躍ります。


またオープンワールドの唯一の弱点として、攻略ルートが分からないといったものがありますが、今作ではオープンワールドの醍醐味を壊さない素晴らしい仕組みを導入しています。

「祝福」で主人公が進むべき道を光筋で教えてくれるものです。ざっくりとではありますが、進むべき道が分かるので悩むことはなくなります。

もちろんその通りに進む必要はなく、あくまで指標として活用できます。

オープンワールドに慣れていない人は初めは戸惑うかもしれませんが、自分だけの物語を思う存分楽しむことができます。

そしてプレイしていると分かりますが、オープンワールドと死にゲーの相性は抜群なのでどんどん引き込まれていきます。

ソロでも共闘

今作ではソロプレイでも霊体を召喚して共闘ができます。

以前の「ダークソウル」シリーズや「ブラッドボーン」では、強大なボスに挑戦する際には他のプレイヤーを召喚して共闘が可能でした。

しかし他のプレイヤーがプレイしていない時間帯や、プレイ人口が減った時期だとなかなか召喚できないことも多くありました。

共闘するには他のプレイヤーを召喚するしか選択肢がなかったので、ソロでは勝てる自信もなく、1時間、2時間とひたすら待ったこともあります。


今作で共闘したい場合は他のプレイヤーを召喚する他に、あるアイテムで霊灰を使用して特定のモンスターやキャラクターなどを召喚できます。

様々な霊灰を手に入れることで召喚できる種類も増えていくのでソロプレイでも共闘することができます。

霊灰によって戦闘スタイルやスキルも異なるので、敵や敵集団に応じた戦略を立てることが可能です。

戦闘のアプローチの方法がたくさん存在するので楽しくて仕方ありません。

自分だけのキャラ育成

フロムソフトウェアのアクションRPGゲームの代名詞となっていますが、主人公の戦闘スタイルを自由に選ぶことができる面白さがあります。

近接戦闘の武器だけでも多くの種類があります。剣や刀、斧、大剣、大斧、槌、大槌など数えきれない程あります。

武器の種類が違うとアクションが変わり、戦い方が変わるので自分の好みの戦闘スタイルを楽しむことがでます。

また近接武器だけでなく遠距離武器も非常に豊富です。弓やボウガン、魔法などのスタイルも選択することができます。


また二刀流や両手持ちなどのスタイルも変更が可能であり、自分の好きなようにキャラクターを育成することが可能です。


そしてキャラの外見もプレイヤー好みにカスタマイズが可能であり、自分の分身としてキャラを作ることができます。

自分の好きな戦闘スタイルで自分の好きな外見で冒険ができるだけでも心が躍ります。

【まとめ】

2022年発売のゲームタイトルではぶっちぎりの面白さです。これ以上のゲームタイトルが発売されるのか心配なほどです。

死にゲーというジャンルで、ここまでプレイヤーの意向を全て取り入れたゲームタイトルはありません。

間違いなく2022年の代表作となるゲームタイトルです。


オープンワールドで一度は経験するとは思いますが、自由過ぎてやることが分からないことがあります。

どこへ行っていいのか分からずに適当に進んでいくと敵が強すぎてすぐに倒されてしまい、心が折れてしまうケースもあります。

多少なりともこのゲームタイトルも自由過ぎるがゆえに、不自由さを感じることはありました。

しかしプレイを始めたばかりの時だけです。ある程度進めていくとこの探索の自由さが楽しくて仕方なくなります。

探索することにより強大な敵に出会い倒した時の達成感は忘れられません。また貴重なアイテムを手に入れたり、新しいダンジョンやマップを見つけた時の高揚感は最高です。

そして自分の思い通りのキャラで、自分の好きな戦闘スタイルでの冒険は爽快感が半端ありません。


現実世界ではほとんど体験することができない感情をこのゲームタイトルでは思う存分体験することができます。

心からお勧めしたいゲームタイトルです。