RPG(PS4)

【ニーアレプリカントver.1.22474487139…】〖感想〗 心に突き刺さる感動のストーリー

あんそる

ニーアレプリカントバージョンアップ版をプレイしようか迷っている人へ
「2010年発売のタイトルだけど面白いのだろうか」
「前作をプレイしていなくても楽しめるのか」
「ニーアオートマタは面白かったけどニーアレプリカントはどうなんだろう」

こんな風に思っていませんか?
このような疑問に出来る限りお答えします

【ニーアレプリカントver.1.22474487139…】ゲーム内容

ゲーム概要

販売元:トイロジック
開発元:スクウェア・エニックス
ジャンル:アクションRPG
発売日: 「ニーアレプリカント」 PS3 2010年4月22日
「ニーアレプリカントver.1.22474487139…」2021年4月22日
対応機種:PS4・Xbox One・Microsoft Windows


2010年4月22日にスクウェア・エニックスから発売されたPS3ソフト「ニーアレプリカント」のバージョンアップ版となるアクションRPGゲームです。

「ニーアオートマタ」は「ニーアレプリカント」の続編であり、世界観は同じですが、キャラクターや物語の背景などは全く異なるものとなっています。

「ニーアオートマタ」の数千年前の物語が「ニーアレプリカント」です。「ニーアオートマタ」の世界が形成されることとなった始まりの世界が描かれています。


人々は「黒文病」と呼ばれる不治の病と「マモノ」と呼ばれる怪物の襲撃に日夜脅かされる生活を送っています。

主人公は「黒文病」にかかってしまった妹「ヨナ」を救うために、「白の書物」と共に一握りの希望である「封印されし言葉」を探す旅に出かけます。

この独特なダークな世界観から生み出される物語は、何か心に刺さるものがあり、理屈抜きで引き込まれます。

【ニーアレプリカントver.1.22474487139…】感想


めちゃめちゃ面白いです。是非ともプレイをお勧めします。

まずは何といってもアクション性がオリジナル版よりも格段に向上しています。よりスタイリッシュで爽快感のあるアクションを楽しむことができるようになりました。

グラフィックの向上により、キャラクターの表情から感情が読み取れるほどのクオリティとなっています。

そして今作ではセリフが全てフルボイスになっており、物語への没入感やキャラクターへの感情移入が格段に向上しました。

そして心が痛むほど響きすぎてしまう切ないストーリーが素晴らしいです。現実味を帯びた容赦のない展開は映画を観ているかのようであり、小説を読んでいるかのようです。

RPGおすすめ
【ゲーム初心者必見】絶対に後悔しないRPGゲームおすすめRPGゲームのタイトルが多すぎてどれをやればいいのか分からない人へ 面白いゲームを知りたくないですか? 私が35年以上ゲームをプレイしてきた中で、PS4ゲームタイトルのRPGゲームのお勧めをご紹介しています。 今すぐ面白いRPGゲームを知りたい人は必見です。...

【評価点】

現実味を帯びた衝撃なストーリー



他のゲームタイトルを圧倒する独特なダークな世界がこのニーアレプリカントの醍醐味ですが、ストーリーも非常に濃厚で感情を揺さぶられる物語となっています。

妥協を許さない現実味を帯びたストーリーです。

RPGゲームといえばゲームが進行していくと、幸せな気持ちにさせてくれるようなハッピーエンドの要素が必ずあります。

このハッピーエンド要素でホッと一息ついて、また次のミッションに挑んでいきます。


しかしこのゲームタイトルはストーリーを進行していっても、ハッピーエンドな要素は一切見当たりません。

全てが何か心が痛むような、心に突き刺さるような物語であり、罪悪感や無力感を感じてしまうことすらありますが、それでも物凄く引き込まれます。

容赦のない展開はまるで映画を観ているかのようであり、長編小説を読んでいるかのような満足感があります。

目を背けたくなるような自然と涙するストーリーばかりですが、主人公たちがこんなにも頑張っているのだから自分ももっと頑張らなくてはという気持ちにさせてくれます。

戦闘がスタイリッシュで爽快感抜群



前作のニーアレプリカントオリジナルと比較をすると、格段に戦闘のアクション性が向上しています。

前作の戦闘シーンでのもっさり感は一切なく、スピーディーでダイナミックなバトルを楽しむことができるようになりました。


またワンボタンで簡単にダイナミックな技を出すことが出来ます。

「通常攻撃」や「強攻撃」、敵に向かって回避行動を取ることで発動する「回り込み」というアクションがあります。

また敵の攻撃をタイミング良くガードして相手の体勢を崩す「弾き返し」などの多彩なアクションを組み合わせることにより、戦闘の幅は格段に広がり、戦略性も大きく向上しています。


そして主人公が扱うことが出来る武器は、「片手剣」「両手剣」「槍」の3種類あります。

戦闘中はいつでも切り替えることが出来るので、武器による特徴を生かした戦闘も駆使することができます。

また武器は特定のショップで強化も可能なので、カスタマイズの面白さも感じることができます。

強化する度に、各武器に設定された物語である「ウェポンストーリー」が解放されていき、いつでも読むことが出来ます。


様々な面で戦闘システムが改善しているので、バトルが物凄く面白いです。

アクションRPGゲームならではの、戦闘シーンでの面白さが目いっぱい詰まったタイトルに生まれ変わっています。

ワードエディットが面白い



このゲームタイトルでは、武器や魔法、体術を成長させる為に「ワード」を使用します。

敵を倒した時に得られる経験値では、基本的なステータスがレベルアップしますが、この様々な「ワード」入手することにより、個別でのカスタマイズができるようになります。


入手した「ワード」を武器や魔法、体術に割り当てることで、その「ワード」が持っている特殊な効果を付与することができます。

例えば攻撃力アップ、防御力アップ、経験値アップ、敵への状態異常など、効果の種類は多岐に渡ります。


そして「ワードエディット」システムの特徴として、いわゆる言葉なので、その割り振る対象の前か後に言葉を付け加えるように設定されることです。


例えば最序盤で入手することができる「が、歌を口ずさむ」という「ワード」は、魔法消費量-2%という効果を持っています。ワードエディットで魔法の「黒の弾」に付けると、名前の後に付けるタイプのワードなので、魔法の名前が「黒の弾が歌をくちずさむ」と変更されるのです。


あとは名前の前に付けるタイプもあるので、ひとつの武器や魔法、体術に割り当てることができる「ワード」は2つとなります。

シンプルですが、言葉によりレベルアップができて、名前が変化するのは、なかなか面白いと感じました。

そして組み合わせが無限にあるので、自分の好きなようにカスタマイズができるのも魅力の一つです。

BGMが素晴らしい



「ニーアレプリカント」で欠かせない要素の一つとして、BGMが良すぎるという点があります。

街やダンジョン、イベントごとに変化するBGMがどれも素晴らしく、神々しい曲ばかりです。まるでオーケストラの演奏曲を生で聞いている感覚に近いです。


前作をプレイした人は、懐かしさが相まって感動すること間違いありません。

ストーリーの重厚さとのバランスも良くBGMと共にニーアレプリカントの世界へ入り込んでしまうでしょう。


そしてバージョンアップ版で改善されたのは、メインキャラやサブキャラ問わず、フルボイス化をしていることです。

細かいクエストなどもフルボイス化になっているので、物語の完成度が上がり、キャラクターへの感情移入がさらに加速しました。

ものすごく個人的な意見ですが、声優の変更があった「白の書」と、他のゲームタイトルでも存在感がけた外れの「カイネ」の声が素晴らしいです。

【まとめ】



バージョンアップ版なのでグラフィックは向上しており、キャラクターの表情だけで感情が読み取れるほどのクオリティを表現できています。

ただしフィールドの背景はグラフィックの粗さが目立ってしまいます。

それでもゲームバランスは素晴らしいので是非ともプレイして欲しいタイトルとなっています。


最近はリメイクブームとなっており、あらゆるジャンルのタイトルがリメイク版を出している中で、リメイク版とはしないで、バージョンアップ版としたのは納得できるタイトルです。

ただグラフィックを綺麗にしただけのリメイク版とは違って、しっかりとした改善点があります。

本当に面白いアクションRPGゲームを追求したいという製作者側の熱意が伝わってきました。

もちろんリメイク版でも素晴らしいタイトルはたくさんあります。


この「ニーアレプリカント」はバージョンアップ版として、最高傑作であることは間違いありません。

前作の良いところは余すことなく引き継いで、面白くなる要素をピンポイントで改善をしているので、面白くなるのは必然です。


自然と引き込まれるストーリーと神々しいBGMが織りなすドラマチックな展開は目が離せません。