RPG(PS4)

【ブラッドボーン】〖感想・評価〗感情を揺さぶるエンターテイメント

あんそる

ブラッドボーンをプレイしようか迷っている人へ
「ブラッドボーンを実際にプレイした人の感想を聞きたい」
「死にゲーというジャンルは初心者でも出来るのだろうか」
「難しそうだけど初心者でも大丈夫なのだろうか」

こんな風に思っていませんか?
このような疑問に出来る限りお答えします。

【ブラッドボーン】ゲーム内容

ゲーム概要

販売元:ソニー・コンピューターエンターテイメント
開発元:SCEジャパンスタジオ・フロムソフトウェア
ジャンル:アクションRPG
発売日: 「ブラッドボーン」2015年3月26日
「ブラッドボーン The Old Hunters Edition」2015年12月3日
対応機種:PS4

「デモンズソウル」を手掛けたSCEジャパンスタジオとフロム・ソフトウェアが開発したアクションRPGゲームの新規タイトルです。

獣が徘徊するダークな世界で、獣を狩る狩人となり、未知を探索する楽しさと死闘感を体感しながら、獣の病を治す治療法を探すアクションRPGゲームです。

ダークソウルシリーズとの違いは、戦闘シーンにおける圧倒的な攻撃スタイルにあります。

ダークソウルシリーズに存在する盾などによる防御が存在せず、「リゲイン」というダメージを受けた直後に敵を攻撃することで、HPが回復するシステムがあります。このシステムにより、攻撃性の高い戦闘スタイルのゲームタイトルとなっています。

そしてタイトルにブラッドとありますが、血がストーリーの根幹に関わってくる要素となります。

【ブラッドボーン】感想・評価

めちゃめちゃ面白いです。絶対にお勧めしたいゲームタイトルです。

戦闘シーンが非常にスピード感があり、スタイリッシュで爽快感が半端ないです。

アクションRPGゲームに良く存在する盾の概念がなく、とにかく避けて攻撃をするという画期的なシステムも面白いです。

またブラッドボーンの醍醐味である仕掛け武器もかっこいいです。一つの武器で二つの形態があるので、変形する時の音や仕草が癖になるほどかっこいいのです。

そして銃の存在も大きいです。左手に銃、右手に仕掛け武器を持ち、獣を狩っていくというスタイルの最高のアクションRPGゲームです。

RPGおすすめ
【ゲーム初心者必見】絶対に後悔しないRPGゲームおすすめRPGゲームのタイトルが多すぎてどれをやればいいのか分からない人へ 面白いゲームを知りたくないですか? 私が35年以上ゲームをプレイしてきた中で、PS4ゲームタイトルのRPGゲームのお勧めをご紹介しています。 今すぐ面白いRPGゲームを知りたい人は必見です。...

【評価点】

達成感を感じる最高のエンターテイメント


この「ブラッドボーン」というゲームタイトルは尋常ではないくらいに難易度が難しく設定されています。

普通のRPGゲームはボスが強く設定されていて、序盤の雑魚キャラは弱く設定されています。序盤の雑魚敵が強かったら、序盤は強くない主人公がストーリーを進めないからです。

でもこの「ブラッドボーン」は違います。雑魚敵でもボスくらいの強さがある敵がたくさんいます。少しでも気を緩めると、始めたばかりでもすぐに死んでしまいます。

この雑魚敵でさえも油断できない緊張感が本当に面白いと感じました。雑魚敵でさえ真剣にバトルをしないと死んでしまうので余裕は全くありません。


これが死にゲーと言われる所以です。難易度がおかしいくらい高いです。

もちろんすぐに死んでしまうだけのゲームということではありません。

何度も死ぬことにより、敵の弱点や行動の癖、ダンジョンの罠を覚えて、少しずつ操作スキルを上達させて、強大な敵を倒した時の達成感を全身全霊で感じていく面白さがあります。

仕事でもプライベートでもあそこまでの達成感や高揚感は絶対に味わえないと思います。貴重な体験であり、あの感覚は一度体験するとやみつきになります。


主人公のステータスを成長させて、武器を鍛え、防具を強くし、スキルを磨き、敵の動きを覚え、弱点を把握し、アクション操作性を向上させていけば、必ずクリアできる仕組みになっています。

そのRPGゲームをエンターテイメントとしての側面から言えば、この「ブラッドボーン」は最高傑作です。是非とも一度はプレイしてほしいタイトルです。

そして趣味としての、最高のストレス発散だと考えています。

仕掛け武器がカッコよすぎる


仕掛け武器というのは、「ブラッドボーン」の主力となる武器で、そのほとんどが変形することができるのです。

例えば「のこぎり鉈」という仕掛け武器があります。変形前はのこぎりとしての機能を発揮しますが、変形すると大きな鉈となります。

外見が大きく変わるとは当然のことながら、性能や攻撃方法、持ち方までもが変化するため、あらゆる場面や敵に対して、臨機応変で戦う事ができます。


私のお気に入りの仕掛け武器は何といっても「仕込み杖」です。変形前は文字通り杖なので、アクションが早くて攻撃モーションも素晴らしいので使いやすい武器です。

そして変形後は、鞭状の武器になります。杖がバラバラと紐状に剥がれていき鞭になっていく変形アクションは何度やってもかっこいい!本当にハマりました。


変形する瞬間が本当にカッコよすぎるのです!私はもうずっと飽きるまでひたすら変形しまくってました。

効果音も素晴らしく、モーションも外見も全てがパーフェクトです。

これだけでも「ブラッドボーン」をやる価値があるといってもいいくらいです。

爽快感抜群の戦闘システム


先ほどの仕掛け武器もものすごくかっこいいですが、もうひとつ左手に銃も持つ事ができます。この銃もものすごくかっこよく戦闘でも非常に重要な要素になります。

そしてこのゲームタイトルの一番の醍醐味は面白すぎる戦闘システムです。

アクションRPGの中で、戦闘システムのクオリティーは間違いなく最高峰です。


まずは攻撃モーションがどれも洗練されていて、スタイリッシュであり、戦闘シーンを大きく盛り上げてくれます。

また戦闘スピードが非常に早くて、ダイナミックな戦闘を楽しむことが出来ます。最高に心地が良い戦闘システムです。


そして「リゲイン」という戦闘システムがあるので、非常に攻撃スタイルのアクションRPGゲームに仕上がっています。

「リゲイン」というのは、敵から攻撃を受けた場合でも、すぐに攻撃をすれば「リゲイン」の効果により少し体力が回復するというシステムです。攻撃型の戦闘を楽しむことに特化した仕組みになっています。

とにかく敵よりも多く攻撃をするというスタイルになっているので、戦闘シーンがとてもアグレッシブでスピード感があり楽しいです。

面白くないわけないですね。


ちなみにこの「ブラッドボーン」の戦闘がスピードが速く、面白すぎるおかげで、このゲームをやってから、他のアクションRPGをやると必ずスピードが遅く感じます。

独特のダークな世界観

ヨーロッパの街並みに似た設定で、病が蔓延し、血が飛び散り、死臭が漂った異様な静けさに満ちた世界です。

ものすごく緻密に造られていて、ダークな世界観を楽しむことができます。歩くだけで興奮する風景だと思います。


この世界で仕掛け武器と銃を持って、敵を倒せるなんてワクワクします。世界観が今までのRPGにはなかった世界観を醸し出しています。

さらに登場人物も個性が強すぎる方々ばかりなので楽しむことができます。

【まとめ】

ただ一つの欠点はストーリーがあまり意味が分からなかったことです。

一番初めに訪れることになった理由は理解できたのですが、それ以降は良く分かりません

何度もプレイしても意味が分からないので、物語を楽しむというRPG要素は少ないのかもしれません。


それでも最高峰のアクションRPGゲームを是非とも一度体験してもらいたいと思います。

良いブラッドボーンライフをお過ごし下さい。